中野トータルサポートセンター

中野トータルサポートセンター

組織

中野トータルサポートセンターのもとに2つのグループを置き、各グループのもとに事業所を配置します。なお、中野区江古田地域包括支援センターと中野北ベタニア訪問看護ステーションは、グループには属しません。

地域支援グループ

ベタニア・デイ・ホーム星
ベタニア・デイ・ホーム月
ベタニアヘルパーステーション
慈生会中野ケアプランセンター

生活支援グループ

ベタニアホーム
慈しみの家

基本方針

住み慣れた地域で住民が心豊かに安心して、自立した日常生活を送ることができるよう支援するために、時代のニーズに合った多様で良質な医療・福祉サービスを一体的に提供し、地域福祉の向上に寄与します。
高齢者に関わる「ワンストップサービス」の拠点として、相談から支援まで一体的かつ満足度の高いサービスを提供します。
地域住民の健康維持向上を目指し、予防から医療・介護が必要な方まで包括的に支援を行うため、地域関係機関等と連携し、居宅や施設を問わず総合的に対応できる組織として運営します。
専門職がスムーズに連携のとれるよう相互交流を図りながら「職員同士が顔の見える関係」を構築します。
事業所・職種にとらわれず、様々な分野にもチャレンジできる仕組みをつくります。
専門職として地域の中で中心的役割を担える人材育成を目指します。