ベトレヘム学園

ベトレヘム学園(児童養護施設)

住所 〒204-0024 東京都清瀬市梅園3-14-4
電話番号 (042)491-2529
FAX (042)491-7827
設立年月日 昭和 9年(1934) 8月 5日
認可年月日 昭和23年(1948) 1月 1日
定員 56名

事業目的

 創立者ヨゼフ・フロジャク神父は当時の社会の中の弱者、「小さい人々」の中に苦しむキリスト、悩むキリストを見いだし、「友」として可能な限り心と力を尽く
    し、関わることを目的とし、ベタニアの家の事業を始めた。その中で両親が結核に罹り家族と別れて暮らさねばならない児童、戦災によって親を失った子ども達の
  ために家庭に代わる環境となるべく、ベトレヘム学園はつくられた。
 現在は親の病気、離婚、行方不明、虐待、養育能力に欠けるなど様々な家庭の事情で家族とともに住めない18歳までの児童を、家庭に代わって養育し、家族の再統
    合、里親委託を促進し、社会的自立をはかる。
 関係機関との連携のもとに施設養護の特性を生かした専門的、治療的な養育を行う。

養護方針

● 創立者ヨゼフ・フロジャク神父の遺志を継ぎ、キリスト教精神を基盤に、児童と職員が愛と信頼に満ちた家庭的雰囲気の中で、児童が温かい心を持った人として成長
  するよう努める。
● 児童の発達状況に合わせ、特徴のある9ホームのなかで、のびのびと明るく生活し、感謝の心と社会性が育つよう養育に努めます。
● 子供の権利を守り、法人理念に基づいた職員が児童と共に生活しながら、安心して暮らせるように努めます。
● 家族を理解し、支援するとともに家族再統合に向け努めます。

沿革

昭和9年(1934)8月5日 「ナザレットの家」から33名の学齢児を受け入れ「東星学園」として開設
昭和23年(1948)1月1日 養護施設「東星学園」として都知事の認可を受ける
昭和35年(1960)12月20日 建物を移転改築し、児童の縦割り編成を採用 定員140名
昭和37年(1962)4月8日 「ベトレヘム学園」と名称変更
昭和47年(1972)4月1日 定員140名を125名に変更
昭和49年(1974)4月1日 定員125名を110名に変更
昭和50年(1975)10月1日 養育家庭センター併設(東京都里親制度推進事業)
昭和51年(1976)4月1日 定員110名を100名に変更
昭和53年(1978)4月1日 建物を北隣へ移転改築、1ホーム10人の男女混合縦割り小舎制を実施。(鉄筋コンクリート造2階建延べ2,245.65㎡)、定員100名を定員80に変更
昭和53年(1978)10月1日 卒業生のため「B.O.Bの家」開設(現在、自立援助のためにも使用)
平成13年(2001)3月31日 養育家庭センター廃止(東京都の方針で、業務を児童相談所に移管)
平成16年(2004)4月1日 定員80名を75名に変更(児童の住環境を整えるため、被虐待など心に傷を受けた子どもたちの激増により、丁寧なかかわりが益々必要になってきたため)
平成18年(2006)4月1日 定員75名を64名に変更(1ホーム8人)
平成19年(2007)4月1日 定員64名を60名に変更「B.O.Bの家」閉鎖
平成20年(2008)4月1日 定員60名を55名に変更「クララ幼稚園」閉鎖親子ルーム開設
平成21年(2009)4月1日 専門機能強化型施設開始 男子自立支援棟「フロジャク」開設
平成22年(2010)4月25日 ベトレヘム学園ホームページhttp://www.bethlehem.jp開設
平成24年(2012)2月1日 グループホーム「さくら」(定員6名)開設
平成24年(2012)4月1日 定員変更(55名→56名 本園50名・グループホーム6名)